(一部引用)

政府は22日、新築住宅に省エネ基準適合を義務付ける関連法改正案を閣議決定した。住宅を建てる際、断熱材を厚くしたり、効率的な冷暖房や照明を採用したりして数値基準を満たすことが求められる。義務化は令和7年度からの見込みだ。既存住宅の省エネ改修や、太陽光発電導入を促す仕組みも新設。脱炭素社会実現に向け、建物分野の対策を強化する。続きはこちら

THE SANKEI NEWS 2022/4/22 10:08配信