JAPAN BUILD 2021 レポート

2021年12月6~8日に東京ビッグサイトで開催された「JAPAN BUILD 2021」に行って来ました。おすすめの商品や技術についてピックアップしてレポートします。


オンダ製作所
低圧損型給水用樹脂製管継手「Revos

リフォームでは給水給湯配管の接手をたくさん使うため、流量不足が起こりやすい。
これは従来の樹脂製エルボ継手では流路が絞られて圧力損失が起こるためです。


もちろん流量不足にならないように配管を太くして対策すれば良いのですが、それは
工事がしにくかったり、捨て水が多くなったり、お湯が出てくるまでに時間が掛かる
など、様々な課題が出てくるのです。

そこでオンダ製作所が開発したのが、低圧損型給水用樹脂製管継手「Revos」です。


外径シール構造で流路が広い

「Revos」は流路径が広く、水が多く流れる「外径シール構造」を採用しています。外径シール構造の Revos はリフォームの現場で起きている流量不足解消に効果的です。樹脂管をワンタッチ接続可能で、施工も簡単・確実です。


なめらかエルボで大流量

一般的な継手は曲り部での流速変化が大きく、圧力損失も大きくなります。「Revos」は流体解析を活用し、最適な流路形状を検証。特殊金型により抵抗が少ないなめらかな流路を実現し、大流量を確保します。曲り部での圧力損失が少なくなり、省エネにつながります。

一番上の「Revos」のなめらかエルボだと流路が絞られることなく水が流れることがよく分かりますね。

デモの様子を撮影してきましたが、これを見ても分かるように、従来品に比べ「Revos」の流量は圧倒的に多い結果となっています。

「Revos」は圧力損失が少ないから、圧倒的な大流量。内径シール継手では流量不足を
懸念して16Aで配管する場合でも「Revos」なら十分な流量を確保できるため、13Aで配管できる場合があります。

配管口径のサイズダウンにより、湯待ち時間の短縮、捨て水の削減、さらにはポンプの
消費電力を削減するなど省エネにも寄与することができますね。

工事店の皆様、リフォームの際は是非この継手を検討してみてはいかがでしょうか?

 

省エネ大賞 最高賞受賞

「Revos」は一般財団法人 省エネルギーセンターが主催する2019年省エネ大賞の製品・
ビジネスモデル部門において、最高賞にあたる経済産業大臣賞を受賞しています。住宅のリフォーム配管等において流量不足を解消し、省エネに大きく寄与するものとして、同部門で評価されました。

◎FUJI FINES
既存水管で即オゾン水生成!「元付O₃ウォーターシステム」はこちら

◎タムラテコ
オゾンエアで除菌・消臭「Lyon Ceiling(リオンシーリング)」はこちら