立川市にある国立昭和記念公園のチューリップは春の風物詩。多くの来場者が楽しんだことでしょう。広い敷地内では多くの季節の花や植物を楽しめますので、是非お出かけ下さい。

今年は新型コロナ感染拡大の影響で、昭和記念公園自体が休園になることも多く(緊急事態宣言の発令に伴い4/25~5/11も休園となっています)、お目当ての花をベストタイミングで見ることはなかなか難しく、このチューリップの写真を撮った日も見頃は過ぎていたのですが、それでも十分に見ごたえがありました。

244品種・約25万球というすごい数のチューリップは圧巻です。

池の水面に移るチューリップもきれいです。

チューリップがある渓流広場の隣には菜の花畑があり、こちらも素晴らしい風景が見れます。

菜の花畑の中には、写真撮影用のお立ち台やドアなどが設置してあります。

よ~く見るとたくさんのミツバチが菜の花の蜜を集めています。

約6万株のネモフィラもきれいでした。

ネモフィラの中にポピーが一輪だけ咲いていて、グッと引き付けられました。

花や植物だけでなく、ボート、自転車、遊具などなど子供たちも楽しめるアトラクションもたくさんあるので、家族で休日を過ごすには最高の公園です。

名称 国営昭和記念公園
所在地

〒190-0014 東京都立川市緑町3173
TEL 042-528-1751(国営昭和記念公園管理センター)

Googleマップへリンク

料金

大人450円、小人(中学生以下)無料、
シルバー(65歳以上)210円※年齢を証明できるものをお持ちください。
2日間通し券や年間パスポートもあります。

時間

(3/1~10/31)9:30~17:00
(11/1~2月末日)9:30~16:30
(4/1~9/30の土日祝日)9:30~18:00
※みどりの文化ゾーン(無料エリア)は8:30~開園。
※開園時間は催し物等により変更する場合あり。

休み

年末年始(12/31、1/1)、1月の第4月曜及びその翌日

公式サイト

国営昭和記念公園

駐車場

840円/日

アクセス

【電車】
【あけぼの口】
JR中央線「立川」駅 徒歩約10分、多摩都市モノレール「立川北」駅 徒歩約8分
【西立川口】
JR青梅線「西立川」駅 徒歩約2分

【車】
中央自動車道「国立府中」ICより8㎞

お店

売店(軽食、遊具など)、レストランあり。

ペット
その他
  • 休日は駐車場が混雑します。周辺道路も渋滞しますので、早めに行くか、電車を利用しましょう。
  • 無料開放日があります。開放日は公式サイトを確認してください。