高幡不動尊「菊まつり」が2019年10月26日(土)から11月17日(日)まで開催されました。また高幡不動尊では、毎月第3日曜日に骨董市「ござれ市」が開催されており、たまたま訪れた日がその日だったため、境内は多くの人で賑わいを見せていました。

高幡不動尊の情報はこちらでご覧下さい。

「菊まつり」は日野市観光協会の主催で行われ、今回で49回目の開催だそうです。

「菊まつり」「ござれ市」「ブルーライトアップ」など、高幡不動尊ではいろいろなイベントが開催されています。

菊まつりでは様々な種類の菊が1200鉢も並んでいました。

シーズンということもあり、七五三詣の家族も多かったです。

「優等首席」とは最優秀賞みたいなものなのでしょうか?初めて見る立派な菊でした。栽培方法も独特な感じがしますね。

個人的には、展示されている中でこの小菊の盆栽が一番素敵だな~と思いました^^

何とこれも菊なんです!まるで花火のようですね~。

小さな菊は可愛いですね~!

五重の塔と骨董市「ござれ市」の様子です。五重の塔の下に大きな室内の休憩所があり、トイレもあります。無料でお茶も飲めます。

菊よりも骨董を見ている人の方が多かった印象です^^;

紅葉の見頃はもう少し先ですね。

境内は所狭しと骨董市が立っていました。

珍しい天然石もたくさん!

思わず買いたくなる素敵な小皿たち。

ファイヤーキングのマグカップも売っていました。

懐かしい笛飴も。子供たちは欲しがっていましたが、買いません^^;

売っている骨董品は、決して高価なものばかりではないので、じっくり探せばお気に入りの掘り出し物がありそうです。今回は時間がなかったので、次回来る時にはじっくりと掘ってみたいと思います^^