現場調査で銚子に行ったついでに、犬吠埼灯台に寄ってきたので、フォトレポートしていきたいと思います!

犬吠埼灯台とは千葉県銚子市の犬吠埼に立つ第1等灯台で、水郷筑波国定公園内に位置します。世界灯台100選、日本の灯台50選に選定され、Aランク保存灯台、国の登録有形文化財に登録されているとっても名高い灯台です!

灯台には実際に展望台まで上ることができ、99段ある長い階段を上ってやっと灯台上部に到着します。疲れた・・・と思ったのも束の間、素晴らしい景色が広がっていました。撮影日は快晴で綺麗な青空が広がっていて、更に延々と続く青い海、最高の写真日和でした!

灯台からの景色
階段上からの景色

階段を下りて、海を間近で見ることもできます。

階段下からの景色

近くで見る海は大迫力で見ごたえ抜群!潮風も心地良くて最高でした(^^)/帰りの上り階段はきつかったです(笑)

灯台の設計・施工監督をしたリチャード・ヘンリー・プラントン

8年の間に犬吠埼灯台を含む25基の灯台及び2隻の灯船を建設、「日本の灯台の父」と尊称されています。 灯台の他にも横浜の鉄橋や公園・並木道、下水道整備といったまちづくりや各地の港湾計画の提案など幅広い分野で活躍しました。

船の道標となった霧笛

現在は廃止されましたが、 かつて、現地の住民にその音から「牛が鳴いている」と親しまれていた霧笛。 船の道標として長い間活躍しました。写真には写っていませんが(笑)手前のボタンを押すと、霧笛の音が再生されます。

灯台だけでなく資料館もあるので景色だけでなく長年の歴史も楽しむことができます。また海岸線を一望できるカフェもあるので、海を眺めながら一服することもできます。とにかくお勧めできるスポットですので、是非一度行ってみてください!