8月14日~18日の5日間、多摩センターのパルテノン大通り周辺で「多摩センター夏祭り2019」が開催されました。祭りのメインイベントである「たまよさこい」には20団体が参加し、 ココリア前十字路をメイン会場に、パルテノン大通りのあちらこちらで踊りが披露されました。

よさこい踊りは高知県の踊りで、華やかな衣装と大きな旗、「カチカチ」と音を出す鳴子が特徴的です。

「ヨッチョレ ヨッチョレ ヨッチョレヨ ♪

 高知の城下へ来てみいや ♪

 じんまも ばんばも よう踊る 鳴子両手に よう踊る よう踊る  ♪ 」

 とても素敵な歌詞で、聞いているだけで踊りたくなります^^

個人的にはこの連の衣装がいちばん素敵だと思いました。

大人も子供も楽しそうに踊る姿が印象的でした。

よさこい踊りでは、片足をちょいと上げるのがコミカルな感じでいいですね。観ているこちらも笑顔になります。

これこれ、この振りがとても可愛らしいのです。

かき氷、チョコバナナ、ケバブ、フィッシュ&チップス、綿あめ等々、多くのキッチンカーも出店していました。

気温36度なのにチョコレートが溶けないのが不思議な「チョコバナナ」。

子供たちは踊りよりこっちに夢中です^^

パルテノン大通りの一番上から、多摩センター駅前まで下っていく「総踊り」は見応えがありました。

踊りもしないのに、この赤い鳴子が欲しくなりました(笑)

観ても踊っても楽しい「よさこい踊り」。近郊エリアでは8月25日に「調布よさこい」が開催されます。まだ観たことがない方は是非お出かけ下さい^^