オーデリックの新製品発表会に行ってきたので、レポートをしていきます。

オーデリック株式会社は照明器具を扱っている会社で、コネクテッドライティングという先進の技術を利用しています。

コネクテッドライティングとは、 特別な配線工事もいらず、部屋中のあかりを手元から操作可能にする技術です。 必要なのは対応する器具とコントローラーのみで、新築はもちろんリニューアルにも向いています。

コネクテッドライティングを使えば、スマホやタブレットをリモコン代わりにして、一つ一つの明かりそれぞれの光・色を自由自在に調整することができます。

また機能面だけではなく、デザイン面でも優れています。

「made in NIPPON」のテーマのこれらの照明は、昔から代々受け継がれてきた伝統の技を使って作られています。

写真左の照明は、岩手県の伝統工芸品「南部鉄器」を葉をモチーフにした明かりに仕上げています。

写真中央は、安土桃山時代天正年間が発祥とされる「山中塗」です。石川県指定無形文化財に認定されています。とても美しい色合いでした。

写真右は、壺屋焼というもので300余年の歴史がある沖縄の伝統工芸です。彫られている動物はシーサーと言って、悪霊の侵入を防ぎ災いから家々を守る魔よけの獅子です。

他にも面白いデザインの照明があったので、写真をUPしていきます。

魔物を除け縁起を担ぐ、龍と雷文の本格的な絵柄

使える場所がかなり限られそうですね(笑)

青森県の伝統工芸品「津軽びいどろ」
スワロフスキーの照明

機能面でもデザイン面でもこんなに進んでいるとは驚きでした。

オーデリックのショールームは定期的に開催されています。興味を持たれた方はぜひ行ってみてください!

オーデリックHPはこちら